HANDKERCHIEF

ハンカチへの想い

日々ともにあり、想いに寄り添う
ハンカチ

心ときめかせて臨んだ初デートの日のハンカチ。
運を呼び込めと、力の限りを尽くしたプレゼンの日のハンカチ。
感謝の気持ちを届けたいと、時間が経つのも忘れて選んだハンカチ。

大好きだった人の涙をぬぐったハンカチ。
家族の笑顔がはじけた休日に、子どもの汗をぬぐったハンカチ。

「このハンカチには想い出がいっぱい詰まっているから捨てられないのよね…」
一枚のハンカチが、人生の節目となった日の、鮮烈な記憶を呼び覚ます体験。
誰もが持っているのではないでしょうか。

川辺にとってハンカチとは、人の想いをのせて『新たな瞬(とき)を染める』もの。

日本には、古くから手ぬぐいの文化がありました。
ハンカチは、手を拭き、汗をぬぐうという機能的な役割を引き継ぎつつ、
日本独特のファッションアイテムとして定着したものです。

一枚の正方形の布の中に、ブランドごとに異なる美意識を染めて、
新たな歴史を創ってきました。

一枚のハンカチを持つことで、私たちの気分は高まります。
けして高価ではないけれど、人の気持ちを引き立てる美しい一枚は、
「心ばかりの品」として贈り、贈られるにもふさわしい。
そんな存在にも進化しました。

人の想いをのせて『新たな瞬(とき)を染める』ハンカチ。
これからも魅力ある品をお届けしていきます。

今も、そしてこれからも
ハンカチひと筋に新たな時代を創る

年齢・性別を問わず、あらゆる人に使っていただける品だからこそ、
これからも幅広い商品提案を行っていきます。

吸水性、肌触りなどの風合い。
アイロンがけの手間を省く機能。
肌にやさしい抗菌・防臭機能。
タオルやガーゼなどの素材。
シーズンイベントを盛り上げるデザイン。
返礼品にふさわしいたたずまい。

すべてにおいて高品質であることを、矜持として…。

最近では、ハンカチのデザインを活かして、化粧ポーチなどの小物も展開。
気に入った絵柄を小物でも持ちたいという想いに応えています。

石井 和也〈 商品本部 企画1課 〉

インバウンドでは外国人観光客にも人気のハンカチ。
日本が誇る文化の一つとして海外展開を進められたらよいなと思っています。

石井 和也〈 商品本部 企画1課 〉